" />
SSブログ
金星の日面通過 時間 ブログトップ

金星の日面通過 時間 [金星の日面通過 時間]

最近は、こちらの話題で持ち切りですね!
2012年が天文現象が目白押し〜!!


2012年6月6日に 金星の太陽面通過が8年ぶりに観測できることが分かりました!


金星の太陽面通過は 金星の日面通過(にちめんつうか)とも呼ばれる、


非常に珍しい天体現象なのだとか。













金環日食の為に 日食グラスを用意した、という方!

捨てずにもう少し待ってください!


金星の太陽面通過 とは、太陽の表面を金星が横切ることで

太陽に小さな穴があいたように見える現象のことをいう。

金星の太陽面通過 は2004年6月に観測されたそうで
8年ぶりに見ることができますが、次に起こるのは105年後の2117年。

21世紀最後!という意味では金環日食よりも
珍しい天体現象になるそうです(次に金環日食を日本で見られるのは18年後の2030年)。



2012年は天文現象のビッグイベントが目白押し!
5月21日の金環食、6月4日の部分月食に続いて、
6月6日には世紀の天文現象、金星の日面通過が見られます。

















2004年にも見られたので、
それほど珍しい天文現象でないように思われるかもしれませんが、
その前に国内で見られたのは130年前のことですし、
次回見られるのは2117年12月11日のことになります。




金星は6時間以上もかけて太陽面をゆっくりと通過していきますが、

幸いなことに日本から全行程を観測することができます。


水星の場合と違って金星の大きさが大きいですから、
水星の場合とは迫力が全く違います。

大きな黒い金星が太陽面を通過していくという、

この珍しい天文現象をぜひともベストポジションで観測したいですね!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
金星の日面通過 時間 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。